Home > 電気針脱毛のデメリット

電気針脱毛のデメリット Archive

電気絶縁針脱毛とトラブル

毛根一つひとつに針を刺すタイプの脱毛である「電気針による脱毛」では、どうしてもその脱毛処理の方法ゆえにトラブルが起きやすいのが現状です。
電流を流した時の火傷、針を刺した時の内出血。
他にも腫れ、炎症、色素沈着、かゆみなどが起こる可能性があります。
医療機関での電気針脱毛の薦め
このようなトラブルが起きやすい電気針脱毛なので、エステサロンよりは、医療的な処置をしてもらうことができる医療機関で脱毛をした方が良いでしょう。
傷が化膿すると炎症が起こり、その炎症の痕が黒く色素沈着を起こす場合もあります。
このようにならないためにも、傷ができた時…

広範囲にはむかない電気針永久脱毛

医療レーザーの照射は、まとめて毛根の脱毛をすることが可能であるのに対し、電気絶縁針による脱毛は、広範囲にわたる脱毛にはあまり適していません。
広範囲にはむかない電気絶縁針永久脱毛
広範囲の毛根の一本一本に針を刺すため、脱毛するための本数が多くなり、時間が多くかかることになります。その長い時間、痛さに耐えるのはなかなか大変でしょう。
そのため、肘下や膝下の広範囲の脱毛を行ないたい時には、医療レーザーによる脱毛を複数回受ける方が身体への負担が少ないでしょう。
一方、ワキやビキニラインなどの狭い場所で、一度に完璧な脱毛をしたいという人は、電気絶縁針による脱毛を…

電気絶縁針永久脱毛の痛さ

毛の成長サイクルや肌の状態にあまり関係なく永久脱毛をすることができるのが魅力である「電気絶縁針による永久脱毛」ですが良い点ばかりではありません。
この「電気絶縁針永久脱毛のデメリット」のコーナーでは、主なデメリットについて説明することにします。
電気針永久脱毛と痛さ
1本1本の毛根に針を刺す電気針脱毛なので、当然痛みがあります。
レーザーによる脱毛でも多少の痛みがありますが、それ以上に痛さを感じるのが、電気絶縁針による永久脱毛です。
1本1本の毛根の脱毛処理をするということは、医療レーザーよりも時間がかかることを意味しています。そのため、それだけ…

Home > 電気針脱毛のデメリット

Search
Feeds
Meta

楽天で期間限定のお買物なら

Return to page top