Home > 永久脱毛とは > 2種類ある「永久脱毛の方法」を解説

2種類ある「永久脱毛の方法」を解説




前回は、「永久脱毛とは:基本を知る」ということで、永久脱毛の基本的なことについて説明しましたが、今回は永久脱毛の方法について、もう少し具体的に説明しましょう。

まず今回は、永久脱毛の代表的な方法をご紹介しますね。

永久脱毛の方法

永久脱毛の方法は、一般的には2種類。

「電気絶縁針による永久脱毛」と「レーザーによる永久脱毛」。

それぞれにメリットとデメリットがあるため、自分がしたいことを十分に考えてから、どちらの方法が良いかを決めた方が良いでしょう。

それでは、ここでは「電気絶縁針による永久脱毛」について説明します。

電気絶縁針による永久脱毛

電気絶縁針による永久脱毛は、電気を通した針で、毛乳頭の組織を破壊する方法です。毛乳頭に針を挿入し、弱い電流を流すことで組織を破壊します。

ただし、この方法は電気を流す時間がどうしても長くなってしまうため、最近ではあまり利用しない傾向があるようです。

レーザー脱毛が出来ない場所でも、脱毛ができるなどのメリットがあるため、永久脱毛を希望している皆さんが、「電気絶縁針による永久脱毛」と「レーザーによる永久脱毛」を比較・検討しています。

それぞれの方法によって得意、不得意がありますので、脱毛を希望している場所や肌の状態などを、専門家にご相談して、十分に納得することが大切ですよ。

あなたが納得できるムダ毛処理ができますように!

次回の「永久脱毛とは」では、もう一つの方法である「レーザーによる永久脱毛」についてご紹介します。

(この続きは、「永久脱毛とは」のカテゴリーでご確認ください)







Home > 永久脱毛とは > 2種類ある「永久脱毛の方法」を解説

Search
Feeds
Meta

楽天で期間限定のお買物なら

Return to page top