Home > 電気針脱毛のデメリット > 電気絶縁針永久脱毛の痛さ

電気絶縁針永久脱毛の痛さ




毛の成長サイクルや肌の状態にあまり関係なく永久脱毛をすることができるのが魅力である「電気絶縁針による永久脱毛」ですが良い点ばかりではありません。

この「電気絶縁針永久脱毛のデメリット」のコーナーでは、主なデメリットについて説明することにします。

電気針永久脱毛と痛さ

1本1本の毛根に針を刺す電気針脱毛なので、当然痛みがあります。

レーザーによる脱毛でも多少の痛みがありますが、それ以上に痛さを感じるのが、電気絶縁針による永久脱毛です。

1本1本の毛根の脱毛処理をするということは、医療レーザーよりも時間がかかることを意味しています。そのため、それだけ長い時間、痛さに耐えなければなりません。

この痛さは、針を刺す時の痛さ以上に、電流を流す時の痛さの方が強いようです。医療機関であれば、麻酔をして脱毛処理をしてくれるところもありますが、エステサロンでは麻酔をすることができませんので、かなりの痛さが伴います。

電気針永久脱毛時の麻酔

医療機関で脱毛を行なう時の麻酔についてですが、脱毛をする場所によって麻酔の方法が異なります。

ビキニラインや脇であれば局部麻酔。

膝下などのように広範囲にわたって脱毛をするのであれば、塗るタイプの麻酔を使います。

腫れと痛みを和らげるために、脱毛の前後に肌を冷やす場合もあります。

・電気絶縁針による脱毛の費用

これだけ手間をかける、電気絶縁針永久脱毛なので、レーザー脱毛と比較すると、費用が割高になります。

痛さに強い方だと思う人で、費用が優先順位の上位にあるわけではないという人は、完璧な脱毛を短期間で行なうには、電気絶縁針脱毛を考慮しても良いかもしれません。







Home > 電気針脱毛のデメリット > 電気絶縁針永久脱毛の痛さ

Search
Feeds
Meta

楽天で期間限定のお買物なら

Return to page top