Home > レーザー脱毛のデメリット > レーザー脱毛で火傷

レーザー脱毛で火傷




さまざまなメリットが多い医療レーザー脱毛ですが、トラブルが起きないというわけではありません。

もっとも頻繁に聞かれるトラブルは、「火傷」についてです。

医療レーザーによる火傷とは

医療レーザーと電気絶縁針のどちらの方法とも、火傷の危険性がないとは言い切れませんが、医療レーザーの場合の火傷は、以下のようなケースで起こりがちです。

・ファンデーションや日焼け止めによる火傷

ファンデーションや日焼け止めクリームを十分にふき取っていないと、光レーザーがその部分に反応してしまって、火傷になってしまうケースがあります。

・医療レーザーの出力が強すぎた火傷

医療レーザーの出力の調整は、意外に熟練技だそうです。出力が不安定なまま脱毛処理をはじめてしまうと、火傷になってしまうケースがあるようです。

医療機関で、永久脱毛の処理をしているのであれば、火傷に対して処置をすぐにしてもらうことができますが、エステサロンなどで永久脱毛処理をしようとして、火傷になってしまうと適切な処置が遅れてしまい、皮膚に火傷の跡が残ってしまうこともあります。

このようなトラブルがあることも十分に理解するためにも、インターネットでの情報収集は欠かせませんね。







Home > レーザー脱毛のデメリット > レーザー脱毛で火傷

Search
Feeds
Meta

楽天で期間限定のお買物なら

Return to page top