Home > レーザー脱毛のデメリット > 日焼け・色素沈着部分の脱毛

日焼け・色素沈着部分の脱毛




せっかく脱毛をしようと思ったのに、医療レーザー脱毛について調べてみると、日焼けをしていると駄目、濃いシミなどの強い色素沈着があるとダメ、ということを聞いたことがないでしょうか。

確かに、医療レーザーによる脱毛では、それらのケースはむずかしいということです。

ここでは、その理由について書いておきましょう。

医療レーザー脱毛ができない日焼け

医療レーザーの仕組みは、黒い色に反応して、黒髪の毛根を焼くことになります。ところが、日焼けをしているということは、黒髪だけではなく皮膚も黒いですよね。

そうすると、皮膚が光レーザーを吸収しすぎてしまって、やけどをしてしまうのです。

永久脱毛のトラブルで挙げられる一つになっているのが、このやけど

せっかくおしゃれな服を着ようと思って脱毛したのに、やけどをしてしまっては逆効果です。

このような火傷にならないために、医療レーザー脱毛では、日焼けしている人に脱毛処理ができないことになっているのです。

医療レーザー脱毛ができない色素沈着

医療レーザー脱毛ができないのは、日焼けだけではありません。

黒い色というと、濃いシミの跡、あざをはじめとする色素沈着が強くなっている部分に関しても、医療レーザーが使えません。

もしこれらの箇所にレーザーを当ててしまうと、日焼けの時と同様に、その部分の皮膚がやけどしてしまうのです。

短時間に永久脱毛ができるなどのメリットが多い医療レーザーですが、このようなデメリットもあるのです。

自分にとって、医療レーザーのデメリットが適用になるかを十分に理解してから、永久脱毛を本格的に検討してみてはどうでしょうか。

あなたの永久脱毛がうまくいきますように!







Home > レーザー脱毛のデメリット > 日焼け・色素沈着部分の脱毛

Search
Feeds
Meta

楽天で期間限定のお買物なら

Return to page top